【常設展】 ~作品紹介~

柔らかな陽射しを感じ、気持ち良くなってゆっくりお散歩も兼ねた買い出しに出かける道すがら、陽に透ける新緑を見上げながらのんびり歩いていると、親鳥も雛も下からは見えないけれど、電信柱の上にいくつもカラスの巣が作られていたことに気付いた。わが家のご近所には少なくとも5つもあった。

春早い時期になると、庭先のハナミズキの弱った枝を器用に大きく折って、それをまた自分の使い良いように小さな小枝などを払って巣に持ち帰る姿をよく見かけるけれど……こんなところに運んで巣を作っていたなんて……と少し驚いた。

巣作りの材料の調達も民家の庭先で……。
巣を作る場所も電信柱とは、カラスの世界もなかなか厳しい世界になっているのかもしれない。

2021.5 もみじ.jpg
当苑お庭:もみじ

人間の世界はというと、また今週の頭から三度目の緊急事態宣言。
GWの長いお休みにも関わらず、なかなか自由にとはいかない時間となりそうです。
当苑でも 2021年4月29日(木) ~ 2021年5月6日(木) の期間GW休業とさせて戴きますが、お休み明けからは少しでも状況が改善されていれば……と願いつつ明日からお休みを頂戴いたします。

お休み明け直ぐは【常設展】を予定しております。
今回は初夏を感じる作品を意識して展示しております。


30-2.jpg
30-1.jpg
30:新里明士 光器鉢



42-1.jpg
42-2.jpg
42:新里明士 光碗
新緑の葉の間からこぼれ落ちる陽の光のような、美しい器たち。


31-1.jpg
31-2.jpg
31-3.jpg
31:津田清和 碧筒花入
涼やかなターコイズブルーのガラスの蓋付花入。
表面はマットな仕上がり。十字の柄が入っている。



19-1.jpg
19-2.jpg
19-5.jpg
19-3.jpg
19-4.jpg
19:島村光 備前氷裂文透陶筥
氷裂文の透陶筥には弾けた椿の実を模ったおまけ付き。
小さな頃に、大切に拾った木の実などを特別に入れる箱がいくつもあったのを思い出す。


20-1.jpg
20-2.jpg
20:島村光 備前午
紐状に作られた馬が繭玉を半分にしたような中に納まっている。
静かに家の中で過ごし、自由に外で走るのを待つ馬のようにも見え、この時期だからか自分たちの姿と重ね合わせてしまう。


47-1.jpg
47-2.jpg
47:若尾経 練込茶碗
大変薄造りの練込のお茶碗は、光に透ける葉っぱのような繊細さを持ち合わせている。


松永 土.jpg
松永 土-2.jpg
39:松永圭太 土の掌 / 三ッ足
見上げた空から降ってきた木の実のような松永先生の器。


37-1.jpg
37-2.jpg
37:江波冨士子 玻璃茶碗
涼し気な小花が絡んで、ガラスのお茶碗を囲みます。


45-1.jpg
45-2.jpg
45:小西潮 うり坊茶碗
モカブラウンに白とグレーのレース茶碗。
光りによってはグレーの色味が青味を帯びて見えて、シックな美しさを放っている。


17・44・18-1.jpg
17・44・18-2.jpg
17:前田正博 色絵銀彩水指
44:前田正博 色茶碗
18:前田正博 色絵茶器
前田先生の茶道具たち。
茶器や茶碗の中に入っている青い色目と、水指の蓋の隙間から見える青い一筋の色合いがリンクして、何とも美しい。




10-1.jpg
10-2.jpg
10:富本憲吉 染付大和川急雨 六角飾筥
富本先生を代表する柄の1つでもある「大和川急雨」。
横殴りの雨、風になびく竹林、そして筥の周囲に描かれた染付の細かな縞模様が雨の情景を際立たせている。


4-1.jpg
4-2.jpg
4-3.jpg
4-4.jpg
4:八木一夫 白瓷盃
型に納めて作られた八木先生独特の盃には、「日々是夢中」とある。


5-1.jpg
5-2.jpg
5:塚本快示 白瓷碗
とろりと溶けたような釉は下に行くにつれ溜まって、涼し気な青味を帯びている。
静かに入る貫入も美しい。


14-1.jpg
14-2.jpg
14:藤田喬平 手吹ヴェニス銘々皿
今年の梅雨入りは例年より早いのだそう。
お休みが明けたらすぐに梅雨になるでしょうか……。
色とりどりの傘を広げたような銘々皿は大変美しく、いつも人気です。





緊急事態宣言の中で過ごすGW明け、皆様に少しでも明るい気持ちになって戴けるような作品を揃えてお待ちしております。
皆様も、どうぞ気を付けてお過ごし戴き、お休み明けの状況が少しでも改善していますように祈りながら過ごしたいと思います。





【お休み明け展示予定】

2021年5月7日(金) ~ 2021年5月11日(火) : 常設展

2021年5月14日(金) ~ 2021年5月18日(火) : 指物 菅原伸一展




(葉)





 常設展 
Permanent Exhibition
開催期間:2021年5月7日(金) ~ 2021年5月11日(火)
Exhibition : May 7 to May 11, 2021

*今後の政府・東京都の政策方針により変更になることがございます
*The schedule is subject to change depending on the policy of Japan government.

会場-1.jpg
会場-2.jpg
会場-3.jpg






 京橋 魯卿あん 
 Rokeian
〒104-0031 中央区京橋2-9-9
TEL: 03-6228-7704 FAX: 03-6228-7704
http://www.kurodatoen.co.jp/rokeian/
営業時間:11:00~18:00 定休日:日曜日・祝日



※無断転載、再配信等は一切お断りします

黒田草臣ブログはこちら
Twitterページ こちら
Facebook ページはこちら
Instagram ページはこちら
しぶや黒田陶苑のホームページに戻る