アクセスカウンタ

陶心

プロフィール

ブログ名
陶心
ブログ紹介
 しぶや黒田陶苑では、ほぼ週替わりで展示会や企画展をおこなっています。このブログでは展示会や企画展、そして常設作品のなかから、皆様にとくにお奨めしたい作品を取り上げご紹介してまいります。
 当苑では物故巨匠陶芸家の逸品を扱いながら美意識や見識を養うとともに、皆様との対話から次世代に残るような名品を一点でも現代の作家さんたちに作っていただくことが使命だと思っております。
どうぞ、「陶心」をお楽しみください。

しぶや黒田陶苑ホームページはこちら

zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
活力の元   *夏の陶藝奉仕市*
活力の元   *夏の陶藝奉仕市* 昨日6月7日には、早くも立秋を迎えました。 「涼風至 すずかぜいたる」とは良く言ったもので、その立秋と共にやってきた台風が、熱の篭った大地に染み渡りました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/08/08 18:42
魯卿あん便り 〜陶の字〜
魯卿あん便り 〜陶の字〜 迷いなく書かれた「陶」の字である。勢いが書の迫力となって圧倒しながらも、字を構成する線のひとつひとつに行き届いた精神を感じさせ、魯山人先生の自在に筆を操る、神業のごとき筆捌きを今の我々に伝えてくれている。 左下には小さく「魯」の印。書全体のバランスを考え、近すぎず遠すぎない、絶妙な位置に印を押す。これ一つとっても類稀なる魯山人先生の才を感じさせてくれる。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/08/06 17:45
「鵜の目 鷹の目」 北欧の巨匠 フリーベリ
「鵜の目 鷹の目」 北欧の巨匠 フリーベリ 8月に入り、相変わらずの酷暑が続いておりますが、 渋谷の街は、お夏休みの楽しげな雰囲気が濃く感じられます。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/08/05 18:11
場と作品 『ベルント・フリーベリ展』より
場と作品 『ベルント・フリーベリ展』より ミニチュア花器  左から No.126 / No.129 / No.128 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/08/04 21:54
戦争と平和 ・・・そのもたらすもの
戦争と平和 ・・・そのもたらすもの 王冠が盗難に! 先週、スウェーデンの山火事のことを書いたばかりで、今度は、首都ストックホルムの西に位置するストレングネース大聖堂で7月31日正午頃、ガラスケースに入っていた王室の17世紀の王冠などが盗まれたと報じていました。鍵付きのケースに展示してあった王冠は国王カール9世とクリスティーナ王妃の物で、1611年製造。お二人とともに埋葬され、後に発掘されたもの。容疑者は複数で湖にとめてあったボートで逃走したと。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/08/03 18:51
富本憲吉先生 〜華やぐ四弁花の徳利〜
富本憲吉先生 〜華やぐ四弁花の徳利〜   富本憲吉 / 色繪徳利 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/08/02 12:07
涼し気な贈り物   ベルント・フリーベリ
涼し気な贈り物   ベルント・フリーベリ 思いがけない経路をたどる台風が走り、芯まで乾いていた大地に雨水がしみわたり、お庭の草木がホッとしたような表情に見えます。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/08/01 19:01
祈り
祈り 台風一過、風と空気と、虫の勢いが変わったと感じる七月末。 明日は八月朔日(ついたち)で、旧暦で朔とは新月のことであるのに、昨夜は満月の様に大きく存在感ある月でした。 いつもの夏と様子が大きく違ったり、この月だったり なんとなくちぐはぐしている違和感を抱きつつ、 それでも恒常性を保とうと右往左往する小さな人間における偉大なる自然の営みに、切なさと、畏敬の念を抱かずにおられません。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/07/31 15:01
魯卿あん便り…彫みしま茶碗
魯卿あん便り…彫みしま茶碗 小振りでありながら、内側には見事な彫、外側には力強く大胆な刷毛目、そして凄みを与えた高台。本歌をも凌ぐ気迫溢れるこの茶碗は篆刻で名作を数多く産み出された先生ならではの技と思える。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/07/30 20:08
見立てて愉しむ 『ベルント・フリーベリ展』より
見立てて愉しむ 『ベルント・フリーベリ展』より 軽やかで凛としたフォルム、穏やかで優美な釉調、昨日から始まりました「ベルント・フリーベリ展」の作品の数々は連日の酷暑を忘れさせるような、静かで心安らぐ展示となっています。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/07/28 23:36
愚直ということ
愚直ということ 今、夏休みの宿題用の気温調べのグラフ用紙があったとしたら、最低気温は30℃少し前として、上の目盛りは40℃以上に余白を残しておかなきゃ…などと悩むに違いない今年の暑さ。 昨日、今日は30度前後の最高気温となり、それでも随分楽に感じられるほど。 そんな暑い東京の当苑で、言葉にするだけで涼しくなるような北ヨーロッパ、スウェーデンの陶芸家ベルント・フリーベリの展覧会が始まりました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/07/27 23:59
北欧モダニズムと遊ぶ ベルント・フリーベリ展
北欧モダニズムと遊ぶ ベルント・フリーベリ展 暑い、暑いとぼやく毎日ですが、同時に冷房に当たり過ぎて気だるさが抜けない日々でもあります。 先日、冷房の風に冷え切った体で閉店後のゴミ捨てで外に出た時の少し落ち着き始めた暖かな風に身をゆだねながら見上げた空。 美しく青い空に、桃色に染まった雲、ぼんやりと色づき始めたお月様が同時に目に飛び込んできて、思いがけない贅沢な一時になりました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/07/25 22:49
魯卿あん便り 〜良寛様と魯山人先生〜
魯卿あん便り 〜良寛様と魯山人先生〜 江戸時代後期の僧侶である良寛の生き方、すなわち何物にも煩わされず、何物も煩わせずという考えは現代でも多くの人々を惹きつけてやみませんが、魯山人先生もその一人で、「良寛様の書」という評論においても良寛を絶賛しています。 『良寛様の書、それは品質に見ても、形貌すなわち書風に見ても、容易にあり得ない、素晴らしい良能の美書というべきである。』 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/07/24 18:33
さけのうつわ〜 夏のお酒を愉しむ
さけのうつわ〜 夏のお酒を愉しむ 本日は、常設に入荷いたしました作品をご紹介いたします。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/07/23 22:08
「鵜の目 鷹の目」 土を編んで
「鵜の目 鷹の目」 土を編んで 暑い最中、愛らしい朝顔の花に癒される今日この頃。 今週は、「島村光 作品展 −貌−」を開催しております。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/07/22 17:36
島村光展 〜作品に残された余白〜
島村光展 〜作品に残された余白〜 見る者を引き入れ、飲み込まれてしまうような感覚に襲われる。 島村光先生の"貌"には、そんな力があるように思える。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/07/21 15:21
表と裏
表と裏 ふと、気になって、久しぶりに連絡をしてみました。予想外に返事が早く来て少し安心したのですが、島の水源地のポンプが豪雨で破壊し、9日間も断水。自分は、幸い自宅に井戸があるので、給水の列に並ぶことはなかったが、多くの人々は一日に一人2リットルの飲み水の割り当てを求め、炎天下の中を並ぶ日々だった。それでも、断水が続き避難所生活を送っている方々を思えば、まだ恵まれていると。安心したと同時に、口を開けば「暑い!」としか言わない九官鳥のような自分が恥ずかしくなりました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/07/20 19:34
島村光展
島村光展 西日本を襲った豪雨、40度近い異常気温…… 次から次へと襲う、思いもよらない自然の猛威に、只々祈るような思いの日々が続きます。 地球が誕生してからの長い歴史の中で、大きな気象現象の変化でガラリと気温や生態系が変わったような出来事が繰り返し起きてきましたが、昨今の異常気象の原因のきっかけは、やはり我々人間ではないのかと考えさせられます。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/07/18 19:43
魯卿あん便り…魂を刳る美を求めて
魯卿あん便り…魂を刳る美を求めて あらゆる美を知ることで、陶器の美もわかる。それが本当にわかるということは本当にそのものに惚れることである。単に目慰みとして見るのではなく、そのものを心の友とし、魂と魂が交わることこそ極楽の世界だ。無心で作られたものには心打たれる。無我の境地になるのは難しい。鍋島、柿右衛門には工芸美術的なよさはあるが、精神力には欠けている。そこへ行くと古九谷には道楽気があって、芸術味が含まれている。無我夢中になった仕事には魂が入っている。 赤絵十草文土瓶 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/07/17 17:55
清涼なひとときを
清涼なひとときを 初めて ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/07/16 19:03

続きを見る

トップへ

月別リンク

陶心/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる