さけのうつわ ~ 満月の夜に想ふ

昨日は満月。時折雲の間に隠れてしまうものの、真んまるの姿を束の間愉しむことができました。 月というのは、昔も今も人が憧れてやまない対象。日本最古の物語とされる竹取物語に始まり、源氏物語や土佐日記など、印象的な場面では月が出てきます。また万葉集にも数多く月の歌が収められています。 美しく神秘的で妖しい。時に信仰の対象であり、月下で…

続きを読むread more