三輪休和先生の萩~ひとりたのしむ昭和巨匠陶芸逸品展より

萩焼は15世紀に毛利氏が高麗茶碗を国内で作ろうと、朝鮮より渡来した陶工をもって御用窯を築いたのが始まりとされています。その中でも三輪家は京の楽一入と交流を図り、四代休雪など修業のため京都へ上るなど高麗茶碗の写しに留まらない今日の萩焼の礎を築いてきました。しかし明治期に入ると廃藩によって御用窯としての立場を失い、苦境に立たされてしまいます…

続きを読むread more