【唐津 矢野直人展】矢野先生による解説 ~窯焚き

今回、矢野先生がご在廊いただけないかわりに作品の解説やエピソードなどを伺い、こちらで毎日ご紹介しております。
本日は窯焚きについてお話くださいました。


~窯焚き~

胴木間に火を入れ窯焚きを始めます。この窯は割竹式登り窯で胴木間、1の間、2の間、3の間、4の間まであります。
胴木間を約12時間かけて焼物が焼ける1200〜1250度まで上げていくと、1の間は900度位になっています。この窯は胴木間が大きめだと思います。


胴木間
yano1.jpeg





胴木間、1の間、2の間と各部屋は壁でしきられていて壁の下の方に火が通る穴、えんとうがあります。1の間から4の間はモノにもよりますが各部屋約3時間で焼き上げ、1の間が焼き上がると2の間が900度位になっています。



yano2.jpeg




最後の4の間
yano3.jpeg




私は年10回の窯焚きをします。いつも窯焚き前はバタバタし寝不足になります。

次の窯で焼くリストをコピー用紙にざっと書いていますが、毎回どうしても間に合いません。窯焚きの1週間前位には計画していたリスト以外の物を作り始めたり、時間的に間に合わずリストの物を諦めたりします。

窯焚きが終わり周りを掃除しながら何かいい物がとれないかなぁとか次はもっと余裕をもって進めたいなぁとか思ったりします。



yano4.jpeg 





会期はいよいよ明日19時までとなりました。

オンライン展示会も同時に開催しております。
ぜひご覧くださいませ。
↓↓
https://www.kurodatoen.co.jp/exhibition/20200615/






【唐津 矢野直人展】
開催期間:2020年6月15日(月) ~ 2020年6月20日(土)

Exhibition of YANO Naoto
Exhibition : June 15 to June 20, 2020

於:しぶや黒田陶苑
11:00~19:00





【矢野直人/陶歴】
1976年 佐賀県唐津市に生まれる
1994年 アメリカに5年間留学する
2002年 佐賀県立有田窯業大学校を卒業する
2003年 佐賀県立有田窯業大学校嘱託講師として勤務する
2004年 自宅 殿山窯にて作陶を始める
2008年 韓国 蔚山にて6ヶ月作陶する
2015年 割竹式登窯を築窯
以降、各地で個展やグループ展を多数開催する





※無断転載、再配信等は一切お断りします


黒田草臣ブログ: http://01244367.at.webry.info/
しぶや黒田陶苑のホームページ: http://www.kurodatoen.co.jp/