ひこばえ

3月に雪が降り、雨も降り、少々乾燥気味だった大地は水不足が解消したよう。我が家の庭のコブシの木は、若緑色の葉の割合が増えてきて、季節が移ろうのを日々感じる。そろそろ芝生にも気を配る時期の到来。芝目の間に次々と顔を出す雑草取りを気が付いた時に少しでもしないと、芝生が駆逐されるから、面倒でもやらないといけない。しっかり根付いた芝の隙間から生…

続きを読むread more

陶房の風をきく ~オブジェ焼 八木一夫・鈴木治・山田光・益田芳徳展 2週目

先週から始まっております【オブジェ焼 八木一夫・鈴木治・山田光・益田芳徳展】。予定を変更し、4月14日(火)まで3週に渡り、ご紹介しております。今週は鈴木治先生を見てまいります。 鈴木治先生は1926年京都・五条坂で永楽善五郎工房の轆轤職人だった家に生まれます。子どもの頃から轆轤技術を身につけ、京都の訓練所で轆轤を教えている時…

続きを読むread more

オブジェ焼 八木一夫・山田光・鈴木治・益田芳徳展 ~作品紹介 2週目~

今週の始めには、昭和の時代から笑いの世界を牽引された志村けんさんが、時を賑わすウィルスが原因でお亡くなりになり、多くの方々に衝撃が走ったのではないでしょうか。子供の頃は“ただただ面白いオジサン”と思っていた方が、歳を重ねるごとに、その優しく、真面目なお人柄を画面を通して感じていました。一視聴者でありながら、深く、重く、沈むような気持ちは…

続きを読むread more