新米の季節に

『稲妻』というだけあって、稲穂が頭を垂れる季節は雷が多い季節でもあります。なんでも、空気中の窒素分子を雷が分解すると窒素化合物となって雨と共に土壌に入り、その窒素は作物を育てるのに大きな役割を果たしている、と聞くと、ご先祖様の、自然現象の本質を見抜いた言葉創りのセンスに敬意を払わずにはおられません。 さて、その稲刈りの季節となりました…

続きを読むread more