アクセスカウンタ

陶心

プロフィール

ブログ名
陶心
ブログ紹介
 しぶや黒田陶苑では、ほぼ週替わりで展示会や企画展をおこなっています。このブログでは展示会や企画展、そして常設作品のなかから、皆様にとくにお奨めしたい作品を取り上げご紹介してまいります。
 当苑では物故巨匠陶芸家の逸品を扱いながら美意識や見識を養うとともに、皆様との対話から次世代に残るような名品を一点でも現代の作家さんたちに作っていただくことが使命だと思っております。
どうぞ、「陶心」をお楽しみください。

しぶや黒田陶苑ホームページはこちら

zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
魯卿あん便り 魯山人先生の赤呉須
魯卿あん便り 魯山人先生の赤呉須 北大路魯山人 色絵三彩徳利  赤絵銀彩馬上杯 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/04/19 13:10
第25回記念展示 丸田宗彦展
第25回記念展示 丸田宗彦展 最寄り駅の入口に今年も燕が旋回し、巣作りを始めました。 軽やかに空を舞う姿を見ると、今年も無事にやって来てくれた嬉しさと、ホッとすような親心のような感覚が芽生えて心の芯が温かくなります。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/04/18 20:09
魯卿あん便り 〜大藝術家 北大路魯山人展
魯卿あん便り 〜大藝術家 北大路魯山人展  昨日4月16日(月)より始まりました、「大藝術家 北大路魯山人展」。  今年も東京アートアンティーク2018に併せまして、当苑で初めて展示させて戴く作品を中心に、京橋・魯卿あんにて展示をさせて戴いております。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/04/17 14:47
鳥声、残夢の裏に
鳥声、残夢の裏に 梅の頃から勢いを日々増している樹々の枝に 入れ替わり立ち代わり、忙しそうに跳ね回る鳥たち。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/04/16 18:31
即興の妙 『織部 小山智徳展』より
即興の妙 『織部 小山智徳展』より 成形や絵付けをどのように取り組まれているか伺うと「即興の世界ですよ」と話される小山智徳先生。 桃山陶の織部がかつてそうであったように「型」が生まれると、それを展開、変容させ、あらたな「型」を生み出す。 本歌の織部が今見ても自由であり、新鮮であるのは常に固定した「型」に留まるのではなく、そこにどう挑むかという「即興性」が常にあるからこそ。今生まれ来る「織部」とはどのような世界なのでしょうか。それは決して堅苦しいものではなくて、生命感に溢れた愉しいものであると小山先生の作品を拝見する度に思い... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/04/15 22:31
「鵜の目 鷹の目」 色彩豊かな織部の世界
「鵜の目 鷹の目」 色彩豊かな織部の世界 まだ、4月も半ばですが、早くも、緑の美しい季節になってきました。 13日より、織部「小山智徳展」を開催しております。 山野の緑、水辺の草花、清水の苔など、織部の色は何を想像されますか? 織部の代表的な青織部作品、小山先生のつかう登窯からは、様々な色彩の緑釉がつくられます。 あざやかな緑、やさしい黄緑、きりっとした深みのある青碧の色。 緑釉のかかった香合や水滴。ユーモアのある可愛い作品をご紹介します。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/04/14 19:31
いきいきと賑やかに 〜小山智徳展
いきいきと賑やかに 〜小山智徳展 本日より小山智徳展が始まりました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/04/13 20:57
小山智徳展  〜様々なお話を伺いました〜
小山智徳展  〜様々なお話を伺いました〜 長野県戸隠で、織部の作品を制作されている小山智徳先生の個展が、明日から開催されます。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/04/12 17:13
織部 小山智徳展
織部 小山智徳展 天気の良い日が日増しに多くなって、お洗濯ものを干しに出たままお庭散策をして、気付けば驚くような時間を過ごしていたりします。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/04/11 20:40
縁側でお茶
縁側でお茶 新年度の始まり 新緑の爽やかな季節に 環境の変化の中にいる方も多いことと思います ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/04/10 17:52
さけのうつわ 〜呑んべぇのためのうつわたち
さけのうつわ 〜呑んべぇのためのうつわたち 今年の春は思わせぶりで、突然やって来たかと思えば、雪が降ったり、 暖かくて桜を一気に咲かせたかと思えば、急に冷え込んだり。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/04/09 22:26
「鵜の目 鷹の目」 欽二郎茶碗屋、李朝と伊万里を考える
「鵜の目 鷹の目」 欽二郎茶碗屋、李朝と伊万里を考える 駆け足で春がおとずれてきて、あっという間に桜は散ってしまっていますが、 いろいろな花が楽しめる華やいだ季節になりました。 毎年この時期に中野欽二郎さんの個展を開催しておりますが、今回は、「李朝・伊万里の探求」ということで 白磁や染付の作品を一年間集中して作成され、独特の感性がみられる器の数々が、出品されました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/04/08 20:29
春風にのせて  『中野欽二郎展』より
春風にのせて  『中野欽二郎展』より No.5-2 染付僧文手付鉢 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/04/07 22:31
やわらかな風 〜中野欽二郎展
やわらかな風 〜中野欽二郎展 お天気が毎日ころころ変わる中、 あいにく風が強く荒れ気味の東京ですが、 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/04/06 19:05
中野欽二郎展 李朝・伊万里の探求
中野欽二郎展 李朝・伊万里の探求 先週末のお休みはいいお天気に嬉しくなって、ご近所までお花見に足を延ばしました。 ハラハラと散り始めた花びらの落ちる先には、花開き始めた山躑躅(ヤマツツジ)が誇らしげに顔を上げて頑張っていました。春の陽射しが透けるような柔らかで薄い花びらは、春の到来を喜ぶ少女のスカートが躍り跳ねるようでこちらも胸が弾みます。 「近道へ 出てうれし野  躑躅かな」  与謝蕪村 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/04/04 19:39
魯卿あん便り…特別展 『なつめ』
魯卿あん便り…特別展 『なつめ』 2週目に入りました魯卿あんでの特別展『なつめ』。今朝の茶室の様子が上の画像。 床の間の花も活け替えておりますので、お近くにお出での際は是非お立ち寄りくださいませ。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/04/04 17:58
「鵜の目 鷹の目」 曜変のこれから
「鵜の目 鷹の目」 曜変のこれから 研究に研究をかさねた瀬戸毅己の天目は、様々な発色をともなった美しい景色の曜変となった。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/04/01 20:38
星の林   『曜変天目 瀬戸毅己展』より
星の林   『曜変天目 瀬戸毅己展』より 天海丹 雲之波立 月舟 星之林丹 榜隠所見    ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/03/31 22:31
曜変天目 瀬戸毅己展
曜変天目 瀬戸毅己展 先日、ちょっとしたお休みを戴き、南の島の離島に立ち寄ってきました。 昼間の透き通るような美しい海のブルーとはまた違い、真夜中に見上げた空の美しかったこと……。 夜空全体はどこまでも深い漆黒。 そこには瞬くような星が数えきれないほどキラキラと眩しい程に輝いて、本当にいつも見上げている空と同じ空なのか……と疑うほどでした。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/03/28 21:12
「鵜の目 鷹の目」 磁器の可能性が広がる前田正博の仕事
「鵜の目 鷹の目」 磁器の可能性が広がる前田正博の仕事 桜の季節になりました。はなやかで清々しい季節です。 3月23日(金)より、前田正博展を開催させて戴いております。 黒、青、赤、金、銀、を重ねて、油彩や織物を思わせる色絵。 キリっとした立ち上がったスタイルは、その表面の質感と相まって、 落ち着いた重厚感を感じさせる。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/03/25 10:36

続きを見る

トップへ

月別リンク

陶心/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる