魯卿あん便り…【~花は足で生ける~魯山人と花】

古陶の伊賀・信楽は桃山陶を代表する侘、寂を兼ね備えた名品が多い。この二つの焼き物を明確に見分けるのは難しい。伊賀は長石を含まず、ビードロ釉が奔放に掛かっている。器形は箆などでより力強い造形のものが見られる。一方魯山人先生のものは、土は共に信楽土を用い、器胎全体を覆う様に松灰釉がかかり、美しいビードロが出来たものが伊賀。釉が掛かってい…

続きを読むread more