常設より~岡晋吾先生の盃4点

世間ではいよいよゴールデンウィークとなりますが、東京では行く先を封じられたような緊急事態宣言。先だって、土曜日からすでに、入場規制がある行楽地もありました。美術館も臨時休館、デパートの一部臨時休業、都立公園などでは駐車場が封鎖され入場規制があったりと、例え「ちょっとそこまで」の買い物でさえも、それぞれの営業時間を調べてから出かけないと、難民になりそうです。

その代わり、自宅飲み用のお酒が売れに売れているとか。
やはりそうなると、いかにお酒を美味しく愉しむか。ということになってきますね。
呑むときには、「今日の気分」のぐい呑を。
以前働いていた懐石料理店でも、お客様の好きそうな盃をピックアップして、その中から使いたいものを選んでいただいていましたが、盃を並べたお盆を差し出しながら、狙い通りのものを選んでくださるかな・・・と、ワクワクする時間が大好きでした。


_MG_6469.JPG

さて、本日も常設から、岡晋吾先生のぐい呑を4点ご紹介いたします。




_MG_6472.JPG_MG_6473.JPG

斑黒打盃
22,000円(税込)



_MG_6477.JPG_MG_6474.JPG_MG_6476.JPG

鉄絵ぐい呑
22,000
円(税込)




_MG_6479.JPG_MG_6478.JPG_MG_6480.JPG

白瓷縞ぐい呑
22,000
円(税込)



_MG_6482.JPG

_MG_6481.JPG_MG_6484.JPG

染付高台盃
33,000
円(税込)



のんべえさんが好きそうな大振りの斑盃。
手取りやサイズ感がピタッとフィットして離せなくなりそうな鉄絵盃。
きりっとした白瓷は、飲み口より1cmほどがきっちりと薄く作られていて、胴部分の厚みが急激に薄くなっている分、するするとお酒がすべりそうです。
そして、安南のような染付の、ぽってりとまろやかな高台盃。

4点それぞれ、様々な表情を持ち、どれも魅力的に映ります。

明日水曜日がゴールデンウィーク前の最後の営業日ですので、お休み中にお酒を楽しまれたい方は、ぜひお早めにご来苑いただければ幸いです。

お待ちしております。

_MG_6471.JPG





しぶや黒田陶苑Shibuya Kurodatoen
https://www.kurodatoen.co.jp/

電話:03-3499-3225  
E-mailinfo@kurodatoen.co.jp

黒田草臣ブログ

Twitter
Facebook
Instagram

無断転載、再配信等は一切お断りします

(た)