【コレクターのまなざし~現代作家特集】 ~作品紹介~

早いもので2021年も1か月が過ぎ、日中は温かな春の兆しを感じます。
時の流れは、本当に早いもの。
今の、厳しい日々も、あともう少しで「こんな日もあったね~」なんて思い出話として話せるようになるに違いありません。

さて、今週の金曜日からは、私が陶苑にお世話になるより遥か昔より、やきものがお好きでコレクションされていた方よりお譲り戴きました作品を一堂に並べた【コレクターのまなざし~現代作家特集】 の展示会を開催致します。
本当に、毎週、毎週、いや、週に何度も足を運んで下さるお客様。
やきのもの話だけでなく、ご自身の若き日の思い出話など、どのスタッフにも優しく朗らかに接してくださる紳士。
私が陶苑にお世話になって、まだ日も浅いころから大好きになったお客様のお一人です。


会場-2.jpg
会場



【長岡正巳】
長岡先生の信楽は、透き通るような深い水の色のような神秘的な色を放ちます。
貝の跡目や、倒して焼いたさいの釉溜りの雫、灰が被った妙を存分にお愉しみください。
鶴首型の徳利は、花入れなどにもお使い戴けそうです。
長岡5・12-3.jpg
長岡5・12-1.jpg
長岡5・12-2.jpg
5・12:ぐい呑

長岡10・3-1.jpg
長岡10・3-2.jpg
長岡10・3-3.jpg
10・3:ぐい呑

長岡24・18-1.jpg
長岡24・18-2.jpg
長岡24・18-3.jpg
24・18:とくり

長岡23-1.jpg
長岡23-2.jpg
23:とくり

長岡25-1.jpg
長岡25-2.jpg
25:とくり

長33・22-1.jpg
長33・22-2.jpg
33・22:とくり



【浜本洋好】
浜本先生の作品も、今の作品とはまた一味も、二味も違った、複雑な色合いを見せます。
また、私は見たことが無い水滴の作品や、絵唐津の作品などもあって、愉しく拝見しました。
浜本10-1.jpg
浜本10-2.jpg
浜本10-3.jpg
10:唐津茶碗

浜本5-1.jpg
浜本5-2.jpg
浜本5-3.jpg
5:山瀬唐津茶碗

浜本7-1.jpg
浜本7-2.jpg
浜本7-3.jpg
7:斑唐津窯変茶碗

浜本2-1.jpg
浜本2-2.jpg
浜本2-3.jpg
2:唐津水滴

浜本11・12・14-1.jpg
11:絵唐津湯呑/12:絵唐津湯呑/14:唐津湯呑

浜本35-1.jpg
浜本35-2.jpg
35:唐津ぐい呑

浜本34・24・22-1.jpg
浜本34・24・22-2.jpg
34:唐津ぐい呑/24:朝鮮唐津ぐい呑/22:唐津徳利

浜本33・32-1.jpg
33:唐津ぐい呑/32:斑唐津ぐい呑



【田中佐次郎】
佐次郎先生も、材料の関係で、今では作りたくても作れないと仰る作品まで御座います。
お客様方の方がお詳しいかも知れませんが、懐かしく先生の作品をご高覧戴ければと思います。
佐次郎6・7-1.jpg
佐次郎6・7-2.jpg
佐次郎6・7-3.jpg
6:唐津徳利/7:絵高麗徳利

佐次郎8-1.jpg
佐次郎8-2.jpg
8:彫唐津徳利 雪月花

佐次郎13・16-1.jpg
佐次郎13・16-2.jpg
佐次郎13・16-3.jpg
佐次郎13・16-4.jpg
佐次郎13・16-5.jpg
13:刷毛目盃/16:刷毛目盃

佐次郎12・10-1.jpg
佐次郎12・10-2.jpg
佐次郎12・10-4.jpg
佐次郎12・10-3.jpg
12:粉引盃/10:奈万古 銘「長郎」

佐次郎15・11-1.jpg
佐次郎15・11-2.jpg
15:斑唐津ぐい呑/11:伊羅保盃

佐次郎2-1.jpg
佐次郎2-2.jpg
佐次郎2-3.jpg
佐次郎2-4.jpg
2:唐津茶碗 銘「相傳」



【小山智徳】
こちらも、今とは一味違った雰囲気の作品が並びます。
高台の作りも、豪快!星形をしたものなどもあって、愉しめます。
小山15・11-1.jpg
小山15・11-4.jpg
小山15・11-2.jpg
小山15・11-3.jpg
15:青織部さけのみ/11:弥七田織部酒注

小山20・21・18-1.jpg
小山20・21・18-2.jpg
小山20・21・18-3.jpg
20:志野織部さけのみ/21:志の酒呑/18:志野織部さけのみ

小山2-1.jpg
小山2-2.jpg
小山2-3.jpg
2:黒織部茶碗


【丸田宗彦】
雰囲気のある複雑な見え方の丸田作品は昔からなのですね。
どれも手に取って、使ってみたくなる作品ばかりです。
最後にご紹介する「3:唐津織部沓茶碗」は背面に掻いて描いた模様があったりと、大胆な方法が使われています。
丸田6-1.jpg
丸田6-2.jpg
丸田6-3.jpg
6:唐津御所丸茶碗

丸田7-1.jpg
丸田7-2.jpg
7:絵唐津平茶碗

丸田24・31・26・28-1.jpg
丸田24・31・26・28-2.jpg
丸田24・31・26・28-3.jpg
丸田24・31・26・28-4.jpg
24:絵唐津徳利
31:絵唐津盃/26:絵唐津ぐい呑/28:絵唐津ぐい呑

丸田18・39-1.jpg
丸田18・39-2.jpg
18:粉引唐津湯呑/39:粉引唐津湯呑

丸田34・20-1.jpg
丸田34・20-2.jpg
34:朝鮮唐津山盃/20:斑唐津徳利

丸田3-1.jpg
丸田3-3.jpg
丸田3-2.jpg
3:唐津織部沓茶碗



【梶原靖元】
スッキリとした梶原先生の作品も、お料理を乗せて、愉しみたくなります。
これから出てくる春の蕗の薹や、こごみなどの山菜の色などが映えそうです。
梶原17-1.jpg
梶原17-2.jpg
17:白瓷面取高台小鉢 四

梶原18-1.jpg
梶原18-2.jpg
18:絵唐津向付 五



【中川自然坊】
一度は手にしてみたいと憧れる作家さんのお一人。
残念ながら先生にお会いしたことはありませんが、私がここにお世話になって直ぐに一目惚れした作家さんです。
勢いの中にも、温かな空気感が漂う、魅力的な作品です。
自然坊3-1.jpg
自然坊3-2.jpg
3:朝鮮唐津輪花向付

自然坊4-1.jpg
自然坊4-2.jpg
4:絵唐津三角向付


【各務周海】
周海先生の柔らかな色合いの黄瀬戸は、本当に心が和みます。
優しくそっと食材を受け止めて、美味しそうに演出してくれるに違いありません。
周海2-1.jpg
周海2-2.jpg
2:黄瀬戸皿 五






お茶碗、酒器、食器、湯呑、花入れなど、沢山の作家さんのアイテムが並びます。
今では欲しくても手に入らないような作品ばかり……。
念願だったものが手に入るチャンスかもしれません。
どうぞ、様々な角度で、作品をお愉しみ戴ければと存じます。




(葉)



【コレクターのまなざし~現代作家特集】  
Collector’s Eye Exhibition of Contemporary Artists
開催期間:2021年2月12日(金) ~ 2021年2月16日(火)
Exhibition : February 12 to February 16, 2021

【出品作家】
各務周海/長岡正巳/中川自然坊/金重道明

梶原靖元/金重巖/金重まこと/金重有邦/小山智徳
高力芳照/田中佐次郎/浜本洋好/丸田宗彦/和仁栄幸
島村光/高原卓史/横山直樹/笹山芳人/中野欽二郎
直木美佐/鈴木徹:/堀一郎/滝口和男/川上清美/



会場-1.jpg
会場-3.jpg
会場



 京橋 魯卿あん 
 Rokeian
〒104-0031 中央区京橋2-9-9
TEL: 03-6228-7704 FAX: 03-6228-7704
http://www.kurodatoen.co.jp/rokeian/
営業時間:11:00~18:00 定休日:日曜日・祝日

※無断転載、再配信等は一切お断りします

黒田草臣ブログはこちら
Twitterページ こちら
Facebook ページはこちら
Instagram ページはこちら
しぶや黒田陶苑のホームページに戻る