酒よりこそおこれ

松飾りをはずしたのが、ついこの前と思ったら、カレンダーはもう折り返し点。雛人形の広告も目に付く。去年出しそびれて、1年間暗闇暮らしだったお雛様。今年は早めに出してあげようと思っている。と考えているうちに、なんだかんだと理由をつけた忙しさに紛れ、また忘れてしまいかねない。思い立ったが吉日だ。え~い、もう出してしまえ。いや、待てよ。まだ寒さも続く季節に早々出してしまったら、お雛様も春の光を浴びるどころか、風邪を引いてしまうかもしれないと、思い返してみたり。というわけで、二の足を踏んでいる。

さて、本日より、大変人気の高い『大酒器展』がスタートしました。お客様に安心して作品をご覧いただけるように、店内も換気・消毒をはじめ、お使いになる筆記用具等も消毒を徹底しております。二週にわたっての開催となりますので、大変な時期ではありますが、心のリフレッシュにお運びいただけたらと思います。

_MG_0015店内-3.jpg

_MG_0003店-1.jpg

_MG_0008見附.jpg

_MG_0002ガラス.jpg

こちらは染付やガラスの作品が並ぶ棚。

『初夢初碗展』の店内を百花繚乱と表現しましたが、そちらを大輪の花が咲き乱れる様とするなら、さしずめ今回は、美しい花々が店内で笑み割れるといった感じでしょうか。


今週の花


_MG_9996花.jpg

額: 難波田龍起 「夜」

花器: 塚本快示 白瓷花瓶

花: サンシュユ・紅椿

_MG_9997花-1.jpg

_MG_0001花-2.jpg

_MG_9998サンシュユ.JPG

サンシュユ

早春に葉が出る前に黄色い小さな花が集まって咲きます。

_MG_9999椿.jpg

紅椿


「酒器」と一括りで呼んでしまうが、先生方の渾身の作品は表現が様々で、別の呼称はないものかと感じるほどだ。それだけに、お客様もその個性に魅かれて、気持ちにピッタリくる作品を探し出される。もちろん、お好きな作家がいらして、真っ先に、お目当ての先生の作品の元へ行かれることも多いのは事実。ただ、先生方の探求心はとどまることがないため、「これも〇〇先生のものですか!?」「こういう手は珍しいですね。」と、長年のファンでいらっしゃるお客様すら、不意に肩透かしを食う場合もあるから面白い。いろいろお持ちだからと、あえて先生のカラーでないものを求められる方もいらっしゃる。

どちらにせよ、お気に入りの一品を見つけて、あのお酒を…と、気持ちは先へと飛んでいく。現在の状況下、家での至福のひと時のお酒は「百薬の長」となり得るだろう。だが、その続きの言葉が待っている。

「百薬の長とはいへど、万(よろづ)の病は酒よりこそおこれ」

美味しいお酒もほどほどに。飲み過ぎてつまずいたり、ぶつかったり、転んだり・・・の千鳥足にはくれぐれもご注意を!


(藤)



◇無断転載、再配信等は一切お断りします。


『初夢初碗展』も、引き続いてオンライン展示会で、1月26日(火)までご覧いただけます。

作品は店頭にお出ししていませんが、ご希望がありましたら、お出し出来ます。ご遠慮なくお申し付けください。




<しぶや黒田陶苑HP>https://www.kurodatoen.co.jp/

<黒田草臣ブログ>https://01244367.at.webry.info/



魯卿あん(しぶや黒田陶苑・京橋店)

104-0031 中央区京橋2-9-9 ASビルディング1

営業時間:11:0018:00

定休日:日曜日・祝日

TEL: 03-6228-7704 FAX: 03-6228-7704

E-Mail : info@kurodatoen.co.jp