心伸びやかに 「梶原靖元展」より

一月ももう僅かとなりましたが、まだまだ寒さは続きます。先日も東京は雪が降りましたが、この時期の底冷えする風には体が硬くなってしまいます。ただでさえ外出の不自由な昨今ですから、必要最低限の行動を自然にとってしまうという方も多いのではないでしょうか。

背筋を伸ばして、少しの時間でも軽い運動をとりたいですが、寒さや忙しさを言い訳にすぐに実行出来ない意志の弱さも…。せめて心は伸びやかにありたいものです。


昨日から始まりました「梶原靖元展」、先行して送られてきた作品のこれまでにない世界観には驚きましたが、個展作品全体を拝見すると、その驚きは笑顔に。新たに挑戦された手びねりでの表現、表情だけでなく性格までも異なるような変化自在な生き物の描写、その強い探求心から生まれたシンプルながらも強度のある景色。「新たな梶原先生の一面」でありながら、「実に梶原先生らしい面」もある今回の作品は、いままさに先生が興味を持たれた技法や分野を、これまで培われてきた技術でしっかりと支えていながらも自由に、心から楽しんでいる姿が伝わってきます。


No.52-3.jpgNo.52 肥前狛犬   詳細はこちら




No.135-5.jpgNo.135 鉄画塩笥茶碗   詳細はこちら




No.20-1.jpgNo.20 黒百合杯   詳細はこちら




No.139-1.jpgNo.139瓶   詳細はこちら




No.122-3.jpgNo.122高麗白瓷鉢   詳細はこちら




No.130-5.jpgNo.130白林檎茶碗   詳細はこちら



No.148-3.jpgNo.148鯰   詳細はこちら




No.95-1.jpgNo.95縄文白瓷筒   詳細はこちら




No.92-1.jpgNo.92 青い動物   詳細はこちら




No.4-3.jpgNo.4(DM5)那須温泉の水面   詳細はこちら



様々な土地を回られたという先生、その土地土地の記憶がやきものを通して伝わってきます。来週火曜、最終日まで梶原先生も在廊予定です。このような時期ですので、ご無理のない範囲でご来苑戴けましたら幸いです。またオンラインページでも多数作品をご紹介しております。掲載出来ていない作品も多々ございますので、お気軽にお問合せ下さいませ。



梶原靖元
Exhibition of KAJIHARA Yasumoto
しぶや黒田陶苑:2021年1月29日(金)〜 2月2日(火)
11:00 - 19:00

No.134-3.jpg




(巻)
※無断転載、再配信等は一切お断りします
しぶや黒田陶苑のホームページに戻る
黒田草臣ブログはこちら
Instagram ページはこちら
Twitterページはこちら
Facebook ページはこちら