稀なる造形~淵淵盃

三輪和彦先生(現:十三代三輪休雪先生)が陶芸の道に歩まれたのは和彦先生が中学一年生の時。当時東京近代美術館で開催されていた「現代国際陶芸展」で観たピーター・ヴォーコス(1924– 2002)の白い皿に圧倒され、アメリカの焼物に興味を覚え米国に六年留学して学ばれました。帰国後、作陶生活に入られます。 この「淵淵」は生命の源である水をなみ…

続きを読むread more