魯卿あん便り…鶏龍山茶碗

桃山時代から茶人の間で珍重されてきた焼き物の1つに「鶏龍山」がある。朝鮮半島の粉青沙器であり、李氏朝鮮時代の前半、15・16世紀に作られた磁器の一種。鉄分の多い陶土に肌理細かい白土釉で化粧掛けを施し、透明釉を掛けて焼成した。本作も草文のユニークな模様とのびやかな筆墨に目がとまる。鶏龍山窯址は、韓国では初めて発掘調査がおこなわれた窯と…

続きを読むread more