魯卿あん便り~花と花器~

9月に入りました。今朝は、朝から体を射貫くような8月の太陽もお休み。連日30度近かった最低気温も下がり、過ごしやすい日となりました。ただ沖縄では台風9号による風速50mを越すような暴風や大雨。さらに台風10号も発生したようで、被害や今後の進路が心配されます。

京橋 魯卿あんは、本日も静謐な雰囲気を保って営業しております。現在、常設展示である魯山人作品とともに一部魯山人先生が蒐集された古美術を展示し、お花も活けかえて皆様のお越しをお待ちしております。

IMG_0004魯卿あん花.jpg

額: 千里風風  陶々菴シール

花器: 銀三彩櫛目文壺 陶々菴箱

花: バラの実・リンドウ

IMG_0002花-1.jpg

IMG_0011花-2.jpg

バラの実が、薄っすら赤くなり始めています。

IMG_0010花-3.jpg

白いリンドウが楚々として美しい。


IMG_0006床の間.jpg

軸: 陶の字 陶々菴箱

花器: 粉引花入 共箱

花: カルガヤ・秋明菊(シュウメイギク)

-2IMG_0008床の間.jpg

イネ科に属すカルガヤ。群生して風になびく様子は遠目から見るとススキのようです。昨今は、杉や檜と並んでアレルギーで取りざたされることもあり、当人はいたく不満に思っているに違いありません。

-1IMG_0007床の間.jpg

キクと名がついているものの、キク科ではない秋明菊。白い花弁に見えるのは、実はガク。秋らしい風情が床の間や茶室に相応しい花。

花を活ける花器は同じでも、花が違うと、こうも印象が変わるのかと驚く。花の持つ個性はさることながら、花器の生地や釉の色合いまで違って見えてくる。だからこそ、花器が花を、花が花器を…互いに呼応して一層美しくなるのだろう。


しぶや黒田陶苑では、今週9月4日(金)から『双頭ノ酒器展』が始まります。先生方の渾身の作品が並びますので、どうぞお運びくださいませ。

双頭ノ酒器展 Exhibition of Bizen Tokuri & Karatsu Guinomi

2020年9月4日(金) ~ 2020年9月8日(火)

続々と展示が控えておりますので、今後の予定はこちらをご覧ください。

https://www.kurodatoen.co.jp/future_exhibition/

◇無断転載、再配信等は一切お断りします。


京橋 魯卿あん (しぶや黒田陶苑・京橋店)

〒104-0031 中央区京橋2-9-9 ASビルディング1F

営業時間:11:00~18:00

定休日:日曜日・祝日

TEL: 03-6228-7704 FAX: 03-6228-7704

E-Mail : info@kurodatoen.co.jp



しぶや黒田陶苑HP>https://www.kurodatoen.co.jp/

<Facebook>https://ja-jp.facebook.com/ShibuyaKurodatoen  

<Instagram>https://www.instagram.com/shibuya_kurodatoen/

<Twitter>https://twitter.com/kurodatoen_

<黒田草臣ブログ>https://01244367.at.webry.info/