「鵜の目 鷹の目」圧倒的な存在感 オレフォス・ガラス

雨が降ったり、やんだりと、天候が不安定でございます。

本当に今年の梅雨は長かった、とはいえ、そろそろ明けてくれることでしょう。

「ベルント・フリーベリとオレフォス・ガラス」の展示も二週目に入れいました。

綺麗なフォルムのフリーベリの作品と比べ、作品一点一点の存在感が圧倒的に強いオレフォス・ガラス。

ガラスならではの透明感、清涼感という印象よりも、

芸術性にとんで光をとり込むことでより美しい姿を見ることができます。



フリーベリ2020 ed青い花瓶.jpg

Edvin Öhrström



フリーベリ2020 ingレッド花瓶.jpg

Ingeborg Lundin



フリーベリ2020 ed青い鉢.jpg

Edvin Öhrström



フリーベリ2020 ed赤い花瓶.jpg

Edvin Öhrström



フリーベリ2020 ing黄緑花瓶.jpg

Ingeborg Lundin



フリーベリ2020 ed,h花瓶.jpg

Edward Hald





出品作品を、ホームページにてご覧戴けます。

https://www.kurodatoen.co.jp/exhibition/20200717/

展示会は、728日(火)まで、開催しております。

ぜひ、ご高覧くださいませ。



※無断転載、再配信等は一切お断りします



黒田草臣ブログは<a href="http://01244367.at.webry.info/" target="_blank"><u>こちら</u></a>

しぶや黒田陶苑のホームページに<a href="http://www.kurodatoen.co.jp/" target="_blank"><u>戻る</u></a>

お問い合わせは、しぶや黒田陶苑まで(03-3499-3225)メールアドレス info@kurodatoen.co.jp