「鵜の目 鷹の目」心を癒す美術品

梅雨の晴れ間に見る葉の露が、何とも清らかで美しく、すうっと心が癒されまいります。自粛が緩和され、生活のリズムが元に戻ってきていますが、制限のある中でのことですから、なかなかスッキリとはしません。そんな時、自然の美しさや美術の素晴らしさが、どことなく救ってくれているような…。 さて、今週は、「ひとりたのしむ 昭和巨匠陶藝逸品展」を開催し…

続きを読むread more