美に触れる 『ひとりたのしむ 昭和巨匠陶藝逸品』より

花:鉄線 No.2 川喜田半泥子先生 竹花入 銘 其まま   詳細はこちら 久し振りにお会いするお客様方のお顔を拝見する度に、少しずつ日常が戻っていることを実感し、嬉しく思います。ようやく美術館なども再開を始め、当苑にもその帰り道に寄って下さったというお客様もいらっしゃいました。「美術品」という言葉にすれば、美術館に赴き、ガラス…

続きを読むread more