緑・みどり・ミドリ 「織部 小山智徳展」より

これから梅雨、という時期ですがここ数日の東京は汗ばむ程の暑さ。久しぶりのお休みに近所の公園をマスクを外し散策していると、木々の緑の香りの強さに驚かされました。一口に「緑」と言っても葉の種類、光を透かしたもの、深い木立の奥のもの、さらには苔や羊歯など実に複雑なグラデーションを含んでいる自然の「緑」。そんな緑を見ていると必ず思い出すのが小山…

続きを読むread more