魯卿あん便り~魯山人と古美術

その鋭敏で大胆な感性により数々の逸品を創られた魯山人先生。『名器を見て学ぶ態度を修業の第一としなくてはならぬ。これが私の作陶態度であることは言うまでもない。』の言葉通り、北鎌倉星岡窯の参考館には自身が蒐集した古陶磁を納め、古陶の内包するものを飽くなき探求心でもって自家薬籠中の物としました。特に中国明末、現在の広西省景徳鎮において作られた…

続きを読むread more