陶工房 斿の食事を美味しく演出するうつわたち

今日の常設のご紹介は「陶工房 斿」の日々の暮らしに使いやすい食器たちです。

備前の金重有邦先生の門下の・・・というと、敷居が高く手が出しづらいと思われそうですが、
『用にあてる器』とおっしゃるだけあり、大きさといい、お値段といい、日常生活に使いやすい作品です。
それでは作品のご紹介です。



ricebowl2.JPG
掻き落とし飯茶碗(かぶら文)
12.7 〜13.5 / H5.7〜6.1cm
1客 6,600円(税込)/ 箱無

ricebowl1.JPG
ricebowl3.JPG

この透明釉を見ているとなんだか、ツヤツヤに光ってふんわりと立っているお米粒が想像出来ます。




Dish1.jpg
粉吹皿
約 16.0 / H 3.5cm
1枚 4,180円(税込)/ 箱無



dish4.JPG
dish3.JPG

粉吹が厚くかかっているところの色の変わり方、備前の土が隠れ見えるところ、
それぞれに味のある掻き落としの模様。そしてしっかりとした轆轤仕事。
色とりどりのお料理が映え、ひとつひとつのお皿が個性を持ちそうな予感のする中皿です。






smalldish.jpg
呉須絵草文小皿
約 9.6 / H2.2cm
1枚 2,700円(税込)/ 箱無


smalldish2.JPG

ぱっと目を引く呉須の草文ですが、遠慮がちな小さな目跡も印象的なアクセントとなっています。
それぞれ、呉須の濃さが違って、選ぶのが楽しくなります。
なんとなく、見ていて愉快になる器という雰囲気があるので、
盛られるであろう副菜も喜ぶんだろうなぁ、なんて思ったり・・・。




前回行われた当苑のブログに、先生方の思いをインタビューした記事も載っております。

こちらの、お料理が盛られた作品例をご覧いただければ、より一層の魅力を感じていただけることと思います。


他にも作品がございます。お問い合わせ・ご予約はこちらまで
しぶや黒田陶苑

電話 :03-3499-3225  
E-mail :info@kurodatoen.co.jp

黒田草臣ブログ
Twitter 
Facebook 
Instagram 
※無断転載、再配信等は一切お断りします


(た)