点 …から線 _へ

6月に入りました。晴れた日が1日あると思うと、翌日からは雨、昼過ぎまで晴れていたのに急なにわか雨。梅雨の気配を匂わせるような天気が続いています。湿気をはらんだ空気は、心なしか身体にまとわりつくようで、マスク着用で動くと自分で上昇気流を起こしそうになります。ある日突然、梅雨入りしたとのニュースが流れるのも、そう遠くはないのかもしれません。


『魯山人と古美術』展、渋谷から京橋の「魯卿あん」に会場を移して開催しております。既にご売約となっている作品もございますが、引続き「オンライン展示会」でも、作品をご覧になれます。

IMG_1843.JPG
「魯卿あん」の店舗横も外向きのショーケースが2ヶ所あり、作品を展示しておりますので、こちらも是非ご覧ください。
IMG_1842.JPG
IMG_1844.JPG


_DSC0843.JPG
No.24 唐津さけのミ 共箱 5.6 / H4.4cm

_DSC0845.JPG
_DSC0844.JPG
_DSC0846.JPG
_DSC0848.JPG

実にシンプルな無地のぐい呑である。それだけに白い釉のところどころにあるピンホールに目が行く。指でなぞると点 が線 _となり、三角形や山の稜線のような形を描いて想像が膨らむ。唐津焼は、使い手が育てていく器。口が僅かに外に開きお酒を飲みやすい形。

まさに、毎夜の晩酌に登場させ、そのお酒で表情が変わっていく様を愉しむのに、もってこいの酒器。



《魯山人と古美術》

61() 630()
11:00 - 18:00
於:京橋店「魯卿あん」

https://www.kurodatoen.co.jp/exhibition/20200522/


()



※無断転載、再配信等は一切お断りします

しぶや黒田陶苑のホームページに戻る
黒田草臣ブログはこちら
Instagram ページはこちら
Twitterページはこちら
Facebook ページはこちら

※以上の予定は今後の政府・東京都の発表によりましては変更の可能性もございます。予めご了承くださいませ。