魯卿あん便り…グローバル化する美意識

IMG_8773.JPG

戦後、昭和20年代中頃には魯山人先生の元には優秀な職人たちも揃い、焼きや釉調、造形に深みのある素晴らしい作品が多数展開される。銀座にオープンさせた「火土火土美房(かどかどびぼう)」では自身の作品が占領軍の兵士たちからも大きな反響を得ることになる。この出来事は今まで日本人だけを相手にしてきた先生にとって大きな意識変化へのきっかけとなった。

IMG_8769.JPG
北大路魯山人 赤志野十草文湯呑 陶々庵箱

IMG_8771.JPG

魯山人先生の芸術的関心は急速に欧米や中東と急速に世界へと向かっていく。彫銘にも片仮名の「ロ」がよく使われる様になった。
その結果、俎板を始めとする織部作品はより一層大胆な造形と釉調奥深さを増した。この頃「織部」作品と共に急速に発展したものが「志野」作品である。茶碗やぐい呑、四方皿は燃える様な緋色に発色した作品が増え始めた。この赤は幼少期に見たツツジの赤とも言われている。本作品も焦げ付く様な赤に十草文の白の抜けが気持ち良い。強い色味を用いていながらしっかりと上品さを感じる先生の作品は見ていて飽きさせない。(観)

京橋 魯卿あん 
 <北大路魯山人先生作品常設>
 〒104-0031 中央区京橋2-9-9 ASビルディング1F
 営業時間:11:00~18:00
 定休日:日曜日・祝日
 TEL: 03-6228-7704 FAX: 03-6228-7704
 E-Mail : info@kurodatoen.co.jp
 http://www.kurodatoen.co.jp/rokeian.html

<しぶや黒田陶苑HP>
https://www.kurodatoen.co.jp/

https://ja-jp.facebook.com/ShibuyaKurodatoen  

https://www.instagram.com/shibuya_kurodatoen/

https://twitter.com/kurodatoen_
<黒田草臣ブログ>
https://01244367.at.webry.info/

※無断転載、再配信等は一切お断りします