魯卿あん便り…天才と精鋭達が生み出した逸品

IMG_8753.JPG

類まれのないセンスを芸術活動に発揮された魯山人先生。星ヶ岡茶寮では顧問を務め政財界も注目する人気店へ確立させた。経済的な観念の乏しさと横暴な行動は次第に経営者の中村竹四郎とのすれ違いを生み、昭和10年ついに決裂し作陶一筋の道へと進まれた。職人たちを抱えての窯業経営は大きな困難が予想された。しかし多くの後援者から贈答品などの注文を得て、活況を呈し作品制作も豊かな展開を示すようになる。

IMG_8752.JPG
銀はけめ徳里 二 共箱 ¥1,200,000(税込)

この頃松島文智などをはじめとする優秀な職人たちが魯山人先生の下で働いていた。彼らの技術を十分に活用して色絵・染付・瀬戸・織部等の食器を量産した。作陶に専念されるようになり、より一層の表現・技術の充実度が増し、豪快さと豊潤な美しさをのびやかに示すようになる。

IMG_8754.JPG
職人たちの一人である山越弘悦が星岡窯に入所した以後赤絵は格段の美しさと風情を見せる。本作品は赤呉須と銀彩の二色のみを用いたシンプルなデザインであるが、それ故に表面の塗りの微妙な表情が命である。この深く落ち着いた朱を生み出す為に共に苦心した山越が念入りに溶いた弁柄九割に白玉一割を加えたものしかし、それだけだと赤が流れて斑になりやすいのでそこに漆を加えることで安定させた。(観)

京橋 魯卿あん <Rokeian at Kyobashi>
 北大路魯山人先生作品常設>
 〒104-0031 中央区京橋2-9-9 ASビルディング1F
 営業時間:11:00~18:00
 定休日:日曜日・祝日
 TEL: 03-6228-7704 FAX: 03-6228-7704
 E-Mail : info@kurodatoen.co.jp
 http://www.kurodatoen.co.jp/rokeian.html

<しぶや黒田陶苑HP>
<Facebook>
<黒田草臣ブログ>

※無断転載、再配信等は一切お断りします