陶房の風をきく ~陶藝家の父 富本憲吉展 2週目

富本憲吉展も2週目となりました。 多くの言葉を残された富本先生。前回は白磁壺に並々ならぬこだわりを持っておられたことをご紹介しましたが、今回は色絵模様について。先生がどんな風に模様を考案していかれたのかを見て参りたいと思います。 ◇陶器を愉しむ者は實用を無視して単にその形だけを見、模様だけを見、また釉だけを玩ぶ可きでない…

続きを読むread more