「鵜の目 鷹の目」 富本憲吉作品の品格たるや

気候もあたたかくなるにつれて、香しい花の便りとともに、花粉が浮遊する、私にとっては、何とも複雑な季節になりました。 2月21日より「陶藝家の父 富本憲吉展」を開催しております。日本の陶藝界を語る上で欠かすことのできない存在、富本先生の作品約40点を展示。飾った瞬間から、静謐な空間をつくりだすほどの品格。ぜひ、実際にご観覧戴きたいと思い…

続きを読むread more