滿開の花 「陶藝家の父 富本憲吉展」より

定家葛の四弁花紋、羊歯紋、竹林月夜、曲がる道……「富本憲吉」という名前を聞くだけで頭に思い浮かぶ独特の「模様」が皆さんあるのではないでしょうか。写生を重ね、写しではない独自の「模様」を追い続け、そして描き続けた富本先生。その数々の名作から「模様」の作家として語られることも少なくありません。ただ先生ご自身はあくまでも作品の核はその姿、…

続きを読むread more