春を愛でる~福野先生の彩色酒盃

もはや毎年恒例の…とは言えない季節の変わり方をしている昨今ですが、それでも同じように今年も、1月8日には春の空気になり。蠟梅がほころび始め。冬で縮んでいた身体も空想も広がりを持ち始めたのは、驚きのことでもありました。福野道隆先生の作品は、言うなれば春の麗かな陽だまりのような作品たち。周囲に溶け込みながらも明るい気持ちを引き出すような…

続きを読むread more