光を纏う器 『新里明士新作展』より

連日の寒さから一転して、昨日今日と春が間近に来ていることがはっきりと分かるような陽光に。外套に首を竦めながら早足で歩いていた通勤の道も、どこかゆっくりと散歩したくなるような気分になります。 洋服が変わるように器もその季節毎に手にする機会が増えるものが変わってきます。昨日から始まりました『新里明士新作展』。まさにこの春の柔らかい光と…

続きを読むread more