「鵜の目 鷹の目」 前田正博の銀彩

梅香る季節ではありますが、ここにきて冬一番の寒さ…。あたたかな春が待ち遠しい今日この頃でございます。 2月7日より、前田正博展を開催しております。無垢な白磁に色を着せていく先生の仕事。色を重ねていくことで不思議なやわらかさが生まれていきます。今回は、銀彩の作品をご紹介いたします。 色絵銀彩花入 色茶碗 色茶碗 …

続きを読むread more