「陶藝家の父 富本憲吉展」より  〜陶板の世界〜

1908年10月(明治41年)、東京美術学校図案科で建築・室内装飾を専攻していた富本青年(当時22歳)は卒業制作である「音楽家住宅設計図案」をいち早く提出し、私費留学でロンドンへ留学。英国の建築・室内装飾をその目で見るだけでなく、「モダン・デザインの父」とも称されるウィリアム・モリスの研究などがその目的であった。

翌年の春には東京美術学校は不在のまま卒業。ロンドンのセントラルスクール・オブ・アーツ・アンド・クラフツ(夜学)でステンドグラスの実技を学び、日中はヴィクトリア・アンド・アルバート美術館に通い、所蔵されている工芸品を熱心にスケッチしている。

1909年から1910年には文部省技官新家孝正の助手としてイスラム教建築研究の為インド旅行へ出発。パリ、マルセイユ、カイロ、ボンベイ、デリー、カルカッタなどを回る航路であったという。

多感な20代前半に過ごした留学生活。この時の生活が与えた影響は、その後の富本先生の製作に様々な形で現れている。


06.jpg
No.14  富本憲吉 色繪陶板  



当時の英国の室内で、絵皿が壁に掛けられているのをしばしば目にしたという富本先生。同じように平面の陶磁器による室内(壁面)装飾を考え、最初期の「大和時代」から試作を重ね生み出されたのが『陶板』の仕事である。

あくまでもその絵付に主眼を置き、絵画性を持った装飾としての陶磁器。平らな器形は割れやすく、何度も失敗を繰り返したという。
高台を付け、穴を開け、そのまま紐を通し壁に掛けることも出来るが、額に納めた作品もある。

絵と同様に自作作品を作中に描くことも多かった富本先生。陶板にも陶箱や瓢徳利など自作作品を織り交ぜ、新たな陶芸での表現を試みている。



05.jpg

02.jpg




03.jpg
No.37  富本憲吉 附竹林月夜飾皿


01.jpg
No.31  富本憲吉 染付陶板


04.jpg
No.32  富本憲吉 色絵陶板




会期は3月3日(火)まで。渋谷での展示の後に会場を京橋店「魯卿あん」に移して展示致します。
どうぞ足をお運びください。

(巻)
※無断転載、再配信等は一切お断りします
しぶや黒田陶苑のホームページに戻る
黒田草臣ブログはこちら
Instagram ページはこちら
Twitterページはこちら
Facebook ページはこちら