「鵜の目 鷹の目」 富本作品、時代を経て令和に

三月は桃の節句、華やかな季節の到来です。

先週に引続き 「陶藝家の父 富本憲吉展」を開催しております。

明治に生まれ、大正、昭和と激動の時代を歩まれた富本先生。

西洋文化が怒涛のごとく日本に影響をあたえ、衣食住すべてが変わっていった時代。

そんな背景を想いながら、先生の作品を見てみると、また違った深さが感じられてきました。





富本憲吉展2020 金銀彩徳利.jpg

色繪赤地金銀彩捻徳利



富本憲吉展2020 色繪徳利.jpg

色繪徳利



富本憲吉展2020 白磁八角皿.jpg

白磁八角皿



富本憲吉展2020 黒釉蓋付小壷.jpg

天目釉小壷





展示会期間は、下記のとおりでございます。

しぶや黒田陶苑 : 221()33日(火)  ※27日・31日休

京橋 魯卿あん : 39日(月)~21日(土)  ※315日・20日休

(ご成約戴きました作品につきましては、魯卿あんでの展示はいたしません)





※無断転載、再配信等は一切お断りします



黒田草臣ブログは<a href="http://01244367.at.webry.info/" target="_blank"><u>こちら</u></a>

しぶや黒田陶苑のホームページに<a href="http://www.kurodatoen.co.jp/" target="_blank"><u>戻る</u></a>

お問い合わせは、しぶや黒田陶苑まで(03-3499-3225)メールアドレス info@kurodatoen.co.jp