缶の開け方

鏡開きを忘れずにと思いながら、その日がいつの間にか過ぎてしまい、我が家の鏡餅はまだ健在である。毎年、お汁粉にしようか、普通にお雑煮、はたまた細かくして、おかきにするか、その年の気分で作っている。お正月に頂くお餅とは、また別の楽しみがあるのに、用が重なっていたせいか忘れていた。お正月に年神様に備えた鏡餅、今年一年の無病息災を願わず来年に持…

続きを読むread more