デッサンのやきもの 『ひとりたのしむ 昭和巨匠陶藝逸品展』より

「昨冬炬燵の中で土をいじっていましたところ、 同郷の荒川先生が来られ私が焼いてみましょうと持ち帰られました。 出来上がったのを見て、すっかり面白くなりつい夢中になって香合五、六十を作りました。」 歴史画、風景、花鳥画…幅広い分野で傑作を残す前田青邨先生。大正昭和の日本画壇を代表する青邨先生はまた、手すさびに陶芸作品を作っておられた。 …

続きを読むread more