やきものの新しい芽 「ひとりたのしむ 昭和巨匠陶藝逸品展」より

加藤土師萌先生 萌黄金襴手孔雀牡丹文飾壷  一口に陶器・磁器と言ってもその種類、技法は多種多様に存在するが、加藤土師萌先生程にその作域の広さで知られている作家も珍しい。  窯業地である瀬戸に生まれ、小学校を卒業してからは、昼は製陶会社で画工見習いとして働き、夜は窯業学校で図案などを学び、当時は図案家を目指していたという。後、岐阜県陶…

続きを読むread more