「鵜の目 鷹の目」 大桐大の壺の土味

ピリッとする寒い朝でしたが、朝陽が美しく、気持ちのよい日になりました。6日金曜日より、大桐大 新作展を開催しております。備前土の魅力を今までの灰被によるものだけでなく、土の表情の美しさ面白さをより感じさせる表現をされています。土の変化、色彩、質感を楽しめる作品がならびました。 筒立壷 紅炻壷  花壷 …

続きを読むread more

爪と土

「歩きスマホはやめましょう!」と、そこかしこで聞かれるフレーズ。それでも、初めて来た場所を探すのに携帯片手に地図を見るのは致しかたないことだろうとも思ったりする。信号待ちでちょっと覗くなんてのは誰しも心当たりがあるのでは。そう、その信号待ちで、思わずじっと見てしまった女の子の手元。スマホを片手で操作するのに便利なカバーリングにかけている…

続きを読むread more

陶房の風をきく ~大桐大 新作展会

ずいぶんと季節が進んだようで、コートやマフラーが欠かせない毎日です。忙しない日々の中で、ふと足を止めて辺りを眺めてみると、なんでもないいつもの道すがらにある木々が色づいているのを見つけます。わざわざ見に行く紅葉もよいですが、いつもの景色が色づいたのを感じる幸せもいいものです。さて、明日より2年ぶりとなります大桐先生の個展が始まります。個…

続きを読むread more

『大桐大 新作展会』 ~作品紹介~

とうとう今年の暦も12月となってしまいました。灼熱の夏から、連続の大型台風に続いて、そのまま秋の長雨に突入。穏やかな秋を愉しむ間もなく、一気に冬になろうとしているようです。ただ、やっとこの冷たい空気になってきたとも言えるようで、例年よりも紅葉は遅いでしょうか。先日も街路樹から落ちた微妙に違う黄色から茶にかけての美しい色の葉の重なりに、思…

続きを読むread more

「鵜の目 鷹の目」 毎年終盤の太田修嗣展

今年も12月になりました。色づいていた紅葉が、はらはらと散る様子も、なかなか美しいものですね。早々と雪の便りも聞こえてきております。 金曜日から始まりました「太田修嗣展」、毎年恒例でこの寒くなる時期に開催させて戴いております。初日から多くのお客様にお越し戴いております。 栗ハツリ盆 栃杢高盤 …

続きを読むread more