『ひとりたのしむ 昭和巨匠陶藝逸品展』 ~作品紹介~

12月に入って間もないですが、一年は早いもので、早くも今年最後の展示会をむかえます。
今週の金曜日からは二週に渡り『ひとりたのしむ 昭和陶藝逸品展』を開催いたします。
年初めにいつも皆様にお約束した“より良い作品を、喜んでいただける作品をご紹介する”の集大成となります展示会です。
物故から巨匠に至るまで、昭和、平成、令和の時代を牽引し、憧れの的となり、今後も越えなければいけない壁のように聳え立つ存在であり続けるであろう先生方の作品をどうぞご堪能下さいませ。


会場.jpg
会場


4-4.jpg
4-6.jpg
4-3.jpg

4:河井寛次郎 呉洲鐡藥筥硯
寬次郎先生の美しい呉須の藍と、鉄釉の深い色合いを存分に愉しめる筥硯。
端正な形に均一に呉須が施された蓋を開けると、硯部分の白い土部分を残して、鉄釉の赤味のある茶が顔を覗かせる。
硯箱の中には小さな水滴も納められている。
やきものとしての精密な作り、お道具としての機能美、そしてデザイン的な美しさも兼ね備え、手に取るものの心を擽る逸品。

7-1.jpg
7-2.jpg
7-3.jpg
7-4.jpg
7:川喜田半泥子 ふり出し
小さいながら、古色の入った釉調が何とも言えない存在感となっている。
吹き出したような釉流れの玉や、ささやかに入る鉄絵が味わいを増す。
背面には日月星辰(※)を表したような三点の鉄釉が入る。
※「星辰」は、星々のこと。「辰」は、時間の経過につれて動く天体で、日・月・星の三つを「三辰さんしん」という。
半泥子先生によるふり出しは、数少ない、珍しい作品。

9-1.jpg
9-2.jpg
9:前田青邨 稚児文殊
武者絵や花鳥画などの日本画家として知られる前田青邨先生が作られたお品。
前田先生が作られた香合に、荒川豊蔵先生が志野釉を施し焼成されたもの。
大きな獅子にまたがった二人の子供が肩を組むような姿も、柔らかな志野釉に抱かれるようで微笑ましい。
昭和37年、三越で開催された喜寿記念陶展にて発表されている。

11-1.jpg
11-2.jpg
11-3.jpg
11-4.jpg11-5.jpg
11:金重陶陽  備前旅枕花入
観音土を存分に生かし、大らかに引き上げられた花入。
滑らかな土肌には、ヘラのようなもので掻き上げたような表情や、横に4本入る箆目の痕が入り、様々な変化を持たせている。
かせ胡麻や、灰被りの窯変が出ており、備前焼の醍醐味が詰まった逸品となっている。

14-1.jpg
14-2.jpg
14-3.jpg
14:森陶岳  備前籠目透壷
圧巻の大迫力と、存在力を放つ、大きな作品。
大きな壷を作った後、大胆な箆目で横段と格子を描き、網籠のような柄を描き、所々を繰り抜いている。
この大きさで、ここまでの抜けを作っていながら形を保って焼き上げるのは容易ではなかったであろう。
言葉には言い表せないような大きなエネルギーを感じる。

21-1.jpg
21-2.jpg
21:三輪龍作 白萩文鎮 
限定本『僕と炎と唇と』付
ふっくらと仕上げた文鎮は、隣に置いた分厚い定本に付属として付けた限定もの。
こんがりと焼けた土に、とろりとした萩釉が乗り、「龍」と「月」の文字が勢いよく削り出されている。






巨匠作品を目の前にすると、モノとは思えぬ存在感で、たじろいでしまうような気分さえする時があります。
これらに負けないほどの強い信念を持ち、自信を持って向き合えたら、そこに新たな何かが生まれてきそうな気が致します。
一部、追加作品なども御座います。
一年を締めくくるエネルギーと、新年を迎えるにあたっての新たなエネルギーをチャージしに、是非、ご来苑くださいませ。







※尚、図録、DM掲載外の作品に関しましてはご予約は承れません旨、予めご了承下さいませ。
(葉)




 ひとりたのしむ 昭和巨匠陶藝逸品展 
The Grand masters of Showa era
開催期間:12月13日(金) ~ 12月24日(火)
休業日:19日(木)
Exhibition : December 13 to December 24, 2019
営業時間:11:00~19:00

会場-2.jpg
会場:鈴木治 作品


現代の陶芸界の礎を作られた昭和陶藝の巨匠たちの逸品は、今日さらに輝きを増して我々を楽しませてくれます。他では見られない素晴らしい作品を皆様にご堪能いただければ幸いです。
出品作家(敬称略・五十音順)

加藤土師萌/金重陶陽/金重道明/河井寛次郎/川喜田半泥子/黒田辰秋/鈴木治/辻晋堂/藤本能道/前田青邨/三輪龍作/森陶岳






 京橋 魯卿あん 
Rokeian
〒104-0031 中央区京橋2-9-9
TEL: 03-6228-7704 FAX: 03-6228-7704
http://www.kurodatoen.co.jp/rokeian/
営業時間:11:00~18:00 
定休日:日曜日・祝日

※無断転載、再配信等は一切お断りします

黒田草臣ブログはhttp://01244367.at.webry.infoこちら
Twitterページ https://twitter.com/kurodatoen_こちら
Facebook ページはhttps://www.facebook.com/ShibuyaKurodatoenこちら
Instagram ページはhttps://www.instagram.com/shibuya_kurodatoen/こちら
しぶや黒田陶苑のホームページにhttp://www.kurodatoen.co.jp/戻る