『猫と茶碗 大塚茂吉展』 ~作品紹介~

様々に色付いた葉がハラハラと落ちて、つもる季節となりました。フカフカと柔らかな踏み心地、陽の光に当たるとホッとするような土臭さと、青臭さが混じったような良い薫り。なんだかそれだけで幸せな気分になってきます。そこに綿毛の様に丸まって目を細める猫が座っていたら、絵になること間違いありません。さて、今週の金曜日からは柔らかなテラコッタの作品な…

続きを読むread more