手放すということ

朝の通勤電車で隣り合わせた女性、ずっと下を向いていて、携帯を見ているのだろうと思っていた。うつむいたまま一度も顔を上げないので、よほど何かに集中しているようだと想像した。幾駅か過ぎた頃、彼女が電車の揺れとは違って、身体が前のめりになるのに気付き、見るとはなしに視線を向けると、なんと彼女は寝ているのだった。車両の端のドアに寄りかかって、立…

続きを読むread more