時に天邪鬼

いよいよ本格的に我が家の鍋の季節が到来した。今年の冬は徐々に気温が低くなるデクレッシェンドのような下がり方ではなく、暖かい日があるかと思えば、翌日の気温は急降下⤵というような繰り返し。今か今かと出番を心待ちにしてるであろう新調した土鍋を明日は使おうとスタンバっていると、当日は暖かいとくる。ここ数日、やっと寒さが続き、自分は寒がりで着ぶくれているのだが、刷毛目の土鍋をデビューさせることが出来て内心喜んでいる。「また、お鍋~!?」という低いト-ンの声も聞こえてきそうだが。

_MG_6819店内-f.jpg

昨日までのハッキリしない空模様を吹き飛ばすように晴れて『漆芸 太田修嗣展』が初日を迎えました。太田先生、今年も目新しい作品をお作り下さっています。

_MG_6814店内-2b.jpg
ファンが大勢いらっしゃるのも納得の先生のお盆たち。


_MG_6806ミルクカップ.jpg

_MG_6809棚.jpg
三角形の脚が魅力的な小卓や使い勝手の良さそうなミルクカップが並びます。


_MG_6816片口.jpg

毎年人気のお箸の他、カレースプーンやヨーグルトスプーンも。シチューや温かな食べ物の出番が多くなる、これからの季節に食卓に姿を見せる回数が多くなること請け合いです。
_MG_6812お盆b.jpg

こちらは茶托の棚。
_MG_6817茶托.jpg

このように所々に手袋を置いておりますので、どうぞお気軽に作品をお手に取ってご覧くださいませ。
_MG_6811手袋.jpg

お隣の部屋には、内田鋼一先生や新里明士先生の作品が。
_MG_6804茶碗.jpg

ショーケースには巨匠作品を展示しております。
_MG_6805ケース.JPG


今週の花

_MG_6798床の間b.jpg
花器: 金重陶陽 「備前花入」
額: 川喜田半泥子 「かまつけバ 窯のなかまで 秋の風」 
花: はしばみ・イエギク

_MG_6803床の間アップ.jpg

_MG_6802はしばみ.jpg
はしばみ

_MG_6799イエギク.jpg
イエギク


_MG_6795小菊.jpg
花器: 石黒宗麿 「白瓷小壷」 共箱
花: 小菊

_MG_6797小菊アップ.jpg
小菊

今回の個展で高杯やお盆に使われた穴開きの材。キクイムシや木に穴を開ける蜂もいるらしいから、その仕業か。あるいは何かしらダメージが加わって、枝が落ち朽ちたのかもしれない。太田先生の木目を活かしたものや美しい塗りを見慣れている者にとって、思わず目を留めてしまう。先生ご自身で、アナーキーに引っかけたとのことだが、作品に動的なリズムを生み出し、ある種のアクセントにもなる、とても心惹かれる作品となっている。造形としての面白みがあるのは言うまでもないが、他にも感じたことがある。

それは、大切にするということ。きれいな部分だけを使うのでなく、傷と一言で括ってしまうものに対しても、慈しむ気持ちの表れともとれる。

日々背の高くなるビルを眺めながら、2027年まで行なわれるという渋谷駅周辺の再開発。9つものプロジェクトが計画されているのだそうな。百年に一度という大々的な再開発で、きれいで整備された都市へと変貌していくのだろう。

でも、ふと天邪鬼な思いが脳裏を横切る。あの、シートにポップコーンの落ちてた映画館、レトロなプラネタリウムが懐かしいなあ。友人と一緒に先生にご馳走になったレストラン、ケーキセットを注文して長い時間喋っていたカフェ。そんな思い出のぎゅう詰めになったビルも、光り輝く建物になって久しい。真新しく計算されたビルや街は、確かに機能的で気持ちがいいもの。けれど、完璧なようで何かがない気がする。

穴の開いた材のような大切に温めるものをどこか探してしまうのは自分だけだろうか。


(藤)


※無断転載、再配信等は一切お断りします




黒田草臣ブログはこちら

Twitterページ はこちら

Facebook ページはこちら

しぶや黒田陶苑のホームページに戻る



京橋 魯卿あん (しぶや黒田陶苑・京橋店)

 〒104-0031 中央区京橋2-9-9 ASビルディング1

 営業時間:11:0018:00

 定休日:日曜日・祝日

 TEL: 03-6228-7704 FAX: 03-6228-7704

 E-Mail : info@kurodatoen.co.jp

 http://www.kurodatoen.co.jp