魯卿あん便り~ 魯山人の自然礼讃

自然美を礼讃した魯山人先生。明治19年に養母に連れられ近所の大田神社の沢で咲き誇る紫の燕子花を見たことが、「美を意識する初めての体験」だったという。当時の洛北の豊かな自然に強い憧憬と畏敬の念を抱き、つぶさに観察し、その特異鋭敏な感性によって燕子花、楓、芒といったモチーフを作品に落とし込んだ。特に晩年の備前を使った木の葉をかたどった作品はその最たるものであろう。
IMG_6613e.jpg
太い葉脈を側部を力強く線彫りすることで浮きだたせるように描き、細い葉脈を勢いよく線彫りする。
葉についた露を無作為に配置する。露の少しデフォルメされた表現は、単に忠実再現するのとは違う、
魯山人の感性が表出しているようで、興味深い。
IMG_6614e.jpgIMG_6615e.jpg
備前土の柔らかな土肌、真ん中に置かれた二つの牡丹餅が作品に華を添える。

作品:北大路魯山人 備前この葉鉢 共箱

(申)

京橋 魯卿あん <Rokeian at Kyobashi>
 〒104-0031 中央区京橋2-9-9 ASビルディング1F
 営業時間:11:00~18:00
 定休日:日曜日・祝日
 TEL: 03-6228-7704 FAX: 03-6228-7704
 E-Mail : info@kurodatoen.co.jp
 http://www.kurodatoen.co.jp/rokeian.html

<しぶや黒田陶苑HP>
<Facebook>
<黒田草臣ブログ>

※無断転載、再配信等は一切お断りします