モノクロームの酒器〜黒田泰蔵先生

東京でもだんだんと寒さを感じるようになり、冬に向かって身体も引き締まっていくのを感じます。山々は彩り、動くのにも快適ではありますが、芯が通るような静寂というものも同時に感じ始める季節でもあるようです。目に彩りは映えても、求める物は反対に研ぎすまされた空間という今の季節には何が合うかなと思いを巡らせると、こちらのモノクロームの作品がピ…

続きを読むread more