『特別展 陶人』 ~作品紹介~

先日、親しい友人に赤ちゃんが生まれました。
口をクチュクチュと鳴らして安心しきった顔で寝ている様子を送ってくれました。真っ新なこの子たちには、この世の中はどんな風に見えているんだろうか……。今はまだ、優しく微笑む母である友人の顔や、お父さんや、周りの大人たちの柔らかな顔だけかもしれないけれど……。
もう少し大きくなった子供達は、大抵、画用紙に大きな丸と、点を二つ、シュッと引いた線が数本あるか、ないかの絵を描きはじめます。
それは、お母さんの笑顔。
目と、鼻と、口。
たったの3つの要素で大事な心の拠りどころである「命の姿」を現しているように感じ、惹き込まれます。

会場-1.jpg

さて、今週の金曜日からは『特別展 陶人』と題し、国や時代を跨いで様々な陶の人や貌が並びます。
昔の人々は祭礼や宗教的な儀式の為、“祈りの対象”として、“いけにえ”の代わりとして人型を造りました。
それにより心の安定を保ったのだと思います。
冒頭に書いた子どもの描く人のように、目や口があるだけで、そこには“命”が宿り、意味を成すように感じます。
そんな幻想的な世界観に並んだ作品を、一部ですがご紹介させて戴きます。



2:ストゥッコ頭部-1.jpg
2:ストゥッコ頭部-6.jpg
2:ストゥッコ頭部-3.jpg
2:ストゥッコ頭部-4.jpg
2:ストゥッコ頭部-5.jpg
2:ストゥッコ頭部
ストゥッコとは、建築装飾などの化粧漆喰のことで、消石灰あるいは石膏に石粉、砂などを
混ぜて作られます。比較的に柔らかな素材であり、見た感じもソフトな印象を受ける。
やや伏し目がちの表情は、何とも知的な美しさ。
柔らかな髪の動きも美しい。




4:埴輪半身像-1.jpg
4:埴輪半身像-2.jpg
4:埴輪半身像
埴輪は3世紀後半から6世紀後半にかけて造られ、死者の霊を守るように古墳の周囲にびっしりと並べて置かれたもの。
人型や動物などの埴輪は5世紀ぐらいから造られたと言われている。
何とも力の抜けた表情が、心を解きほぐしてくれる。
造り手の死者に対する愛情なども伺えそうな、優しさを秘めている。





7:漢加彩婦人俑-1.jpg
7:漢加彩婦人俑-2.jpg
7:漢加彩婦人俑-3.jpg
7:漢加彩婦人俑
こちらも中国の明器 (めいき) として墳墓に副葬された人形。
「俑」や「明器」は、中国の漢時代(BC 2~AD3世紀)から唐時代(7~9世紀)にかけて作られました。
こちらも穏やかな女性らしい表情。
黒い土の上に白い泥で化粧をしてから赤っぽい色で彩色されています。
よく見ると、赤がかなり濃く見える部分もあり、造られた当時は、もっと鮮やかだったことが伺えます。





9:河本五郎 石釉坐像壷-1.jpg
9:河本五郎 石釉坐像壷-2.jpg9:河本五郎 石釉坐像壷
滑らかに造られた形の壷の首に微かな凹みを造ることで目の窪みや、鼻、顎を表現している。
何でもない所に、意味を持たせたような、不思議な壷。
静かにそっと、そこに存在し、気配を感じる。





13:藤平伸 聖童子-1.jpg
13:藤平伸 聖童子-2.jpg
13:藤平伸 聖童子
独特の世界観はメルヘンとも違う、でも、味わい深く、優しさに溢れている。
今にも足踏みして玉を転がしながらこちらに動き出してきそうな雰囲気。
幼き頃に見た、思い出の中の道化師のようで懐かしいさも感じる。





16:大塚茂吉 RAGAZZO 少年-1.jpg
16:大塚茂吉 RAGAZZO 少年-3.jpg
16:大塚茂吉 RAGAZZO 少年-4.jpg
16:大塚茂吉 RAGAZZO 少年
RAGAZZOとはイタリア語で少年。
大きなレンズ型の片上を切り落として出来た面に、目、鼻、口があしらわれている。つぶらな瞳に、キリっとやや上前を見上げる姿は自信たっぷりの純粋そのものの表情に見て取れる。
柔らかな赤いテラコッタの土に、全面に施された象嵌による白い点々……。
それがまた温かな陽の光を浴びているようで、満ち足りた幸福感を感じる。





21:加藤舜陶 若い人-1.jpg21:加藤舜陶 若い人
力強く肩を組んだ陶人。
分厚い陶板を人型にくり抜いて、手、足、首をひねらせている。
ただそれだけで、目を見合わせてほほ笑むような空気感が漂ってくる温かな作品。





会場-3.jpg




普段とは違った、面白い世界観になっております。
いつもと少し違った角度から、やきものをご覧戴けましたら、また新しい世界が広がるかもしれません。












※尚、図録、DM掲載外の作品に関しましてはご予約は承れません旨、予めご了承下さいませ。
(葉)


特別展 陶人
Exhibition of SUEBITO
第一会場:しぶや黒田陶苑
開催期間:10月11日(金) ~ 10月15日(火)
Exhibition : October 11 to October 15, 2019
営業時間:11:00~19:00

第二会場:京橋 魯卿あん
開催期間:10月17日(木) ~ 10月26日(土)
Exhibition : October 17 to October 26, 2019
営業時間:11:00~18:00 定休日:日曜日・祝日

会場-2.jpg
会場-4.jpg





京橋 魯卿あん
Rokeian
〒104-0031 中央区京橋2-9-9
TEL: 03-6228-7704 FAX: 03-6228-7704
http://www.kurodatoen.co.jp/rokeian/
営業時間:11:00~18:00 定休日:日曜日・祝日

※無断転載、再配信等は一切お断りします

黒田草臣ブログはhttp://01244367.at.webry.info/こちら
Twitterページ はhttps://twitter.com/kurodatoen_こちら
Facebook ページはhttps://www.facebook.com/ShibuyaKurodatoenこちら
Instagram ページはhttps://www.instagram.com/shibuya_kurodatoen/こちら
しぶや黒田陶苑のホームページにhttp://www.kurodatoen.co.jp/戻る