陶房の風をきく~志野・黄瀬戸 鈴木都展

当苑での個展は2年ぶりの2回目となりました鈴木都(しゅう)先生。この2年間の試行錯誤の積み重ねを少しでも作品に反映できたらとおっしゃる先生にお話を聞きました。 ●始まりは唐九郎焼きものと出会ったころに読んだ本が加藤唐九郎先生の「唐九郎のやきもの教室」。大きな影響を受け、最初からずっと変わることなく、今のような焼きものをやろうと決めてい…

続きを読むread more