陶房の風をきく~乾漆 鎌田克慈展

明日より、2年ぶり3回目となります鎌田克慈先生の個展が始まります。 乾漆は、この技法をされている方も少なく、それで器を作るということも珍しいこと。独立されて10年以上にわたり、その特性を生かした自由な造形を追求し、日常使いへの提案を続けられています。 今回のテーマは「端反の器と月」だという先生にお話を伺いました。 ●改めて向き合っ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more