魯卿あん便り~晩年の紅志野

魯山人先生の志野との縁は深く、昭和五年、かの荒川豊蔵先生とともに美濃古窯発掘調査を行う。調査は三十六もの古窯に及び、発掘した陶片を鎌倉の星岡まで運ばせるなど、非常に熱心であった。
IMG_4282e.jpg
戦後、特に晩年になると、魯山人先生の志野は炎が燃え上がるような深い紅色を呈するようになる。
全面に鬼板を配し、この作品のような草文や、檜垣文を搔き落とす。この搔き落とした線が何とも生き生きとしている。自然美を至上としていた先生ならではである。鬼板を搔き落とした後、志野釉を施釉し、登り窯で焼成した。
IMG_4283e.jpgIMG_4285e.jpg
箱書は晩年の魯山人先生の展示会を取り仕切った善田喜一郎によるもので、箱はこれも晩年に魯山人が使った京都の指物師、前田友斎によるもの。
愛らしい仕覆が付属している。
IMG_4291e.jpg

北大路魯山人 志野酒呑 善田箱
(申)

京橋 魯卿あん <Rokeian>
 〒104-0031 中央区京橋2-9-9 ASビルディング1F
 営業時間:11:00~18:00
 定休日:日曜日・祝日
 TEL: 03-6228-7704 FAX: 03-6228-7704
 E-Mail : info@kurodatoen.co.jp
 http://www.kurodatoen.co.jp/rokeian.html

<しぶや黒田陶苑HP>
<Facebook>
<黒田草臣ブログ>

※無断転載、再配信等は一切お断りします