実直に素直に…  【鈴木都展】より

10.jpg


ようやく暑さの峠を超えて、気が付けば秋の風が心地よい季節になりました。季節と味覚は密接に関わってきますが、これからの時期しみじみとお抹茶が美味しく感じます。それは味だけではなく、ゆらりと漂う湯気、爽やかな香り、茶碗を手にした時に掌にじんわりと伝わる熱…。全てを含めて美味しいと感じるものでしょう。


今回で個展も三回目となりました『鈴木都展』。

この展示会でも「お茶を戴いてみたい…」と思うようなお茶碗が並んでいます。大きさもそうですが、これまでよりも軽やかな印象の作品も多い今回の個展。それはぐっと力の入った姿だけでなく、より自由に、より愉しんで土に向かう姿が目の前に浮かぶ様にも感じます。それでいて30代とは思えない様な美濃陶の「旨味」も確かに感じる鈴木都さんの作品。

これからどの様に進化していくのか、ぜひ皆さんと共にその先を見てみたいと思う作家さんです。


04.jpg
No.139  志野茶碗





02.jpg
No.8  赤志野茶碗





05.jpg
No.121  赤志野茶碗

08.jpg





06.jpg
No.100  紫志野旅茶碗




11.jpg


01.jpg
No.14  黄瀬戸茶碗




07.jpg
No.5  志野茶碗

09.jpg





12.jpg

03.jpg
No.10  紫志野茶碗


茶碗だけでなく、人気の酒器、そして今回は向付、花器も様々なバリエーションを揃えて出品して下さっています。どの作品も奇を衒うのではく、実直に、素直に…(しかし、これは同時に直球で勝負するということでもあります)。

会期中最終日まで都さんも在廊予定ですので、是非ご来苑下さいませ。



鈴木都展
2019年9月27日(金) ~ 10月1日(火)
(巻)


※無断転載、再配信等は一切お断りします
しぶや黒田陶苑のホームページに戻る
黒田草臣ブログはこちら
Instagram ページはこちら
Twitterページはこちら
Facebook ページはこちら