酒器に酔う 【双頭の酒器展】より

厳しい残暑は続いていますが、夜になると秋の虫の音が聞こえ、少しずつですが次の季節へと進みつつあることを実感します。 秋の夜長には美味しい料理と美味しいお酒。そしてそこはお気に入りの酒器で愉しんで戴きたいものです。 『備前の徳利、唐津のぐい呑』 酒器コレクター、古陶磁愛好家達が合言葉のようにして語るこの組み合わせ。 一献また一…

続きを読むread more