喜雨

ようやく夏のピークが過ぎたというニュースを耳にし、
浅い眠りが続く熱帯夜の終わりを思い、ホッと致します。

屋内外で寒暖差が激しすぎる今だからこそ、身体に負担がかかります。
夏こそは暑いお茶、しかも麦茶は身体を冷やすから焙じ茶を…
クーラーで冷え切った体の芯を温めるのに足湯を…。
気を配る必要があるお年頃になってから、
自分の心身と向き合うことに愉しみを覚えていたりもします。
それだけで、これから来る季節も楽しみになったりもします。

さて、先ほど、渋谷では天気予報通りに夕立となりました。
すっと空気が潤ったのを感じてふと思いつき、伊藤秀人先生の青瓷作品を出してみます。



SeijiTsutsu1_.jpg
青瓷筒 ¥129,600-(税込)
7.0xH18.0cm


さながら、氷柱のように、窓に残る雨粒と共に新鮮な空気を創り出してくれるような気がいたします。
以前、懐石料理屋で、小上りに炉を切り、青竹を敷き詰めて上に氷柱を飾り
滴る水滴が水琴窟のように響かせていたのを思い出します。
伊藤先生の青瓷の貫入はまさに氷裂のように静かに佇んでいます。



SeijiTsutsu3.jpg

SeijiTsutsu5.jpg

一段下がったところの少し膨れた部分が、まるで溶け始めた氷のよう。
轆轤でぐるりとかすかな凹凸をつけ、やわらかく釉が溜まっています。




SeijiTsutsu_lid.JPG




こちらにもう一作品。

SeijiHanaire1.jpg
青瓷花入 ¥86,400-(税込) 
7.4x7.7x18.6cm


SeijiHanaire2.jpg

SeijiHanaire3.jpg

こちらは、上の作品に比べると大きさはさほど変わらないものの、
しっかりとした重みがあります。


SeijiHanaire_lid.jpg


夏の陶藝奉仕市は来週も続きます。
普段とはまた違ったゆったりとした雰囲気の中、
展示作品以外の在庫をご覧戴くことも出来ますので、仰っていただければ幸いです。


伊藤秀人
1971年   岐阜県多治見市生まれ
1991年   多治見市陶磁器意匠研究所修了
1995年   テーブルウェアフェスティバル優秀賞
      国際デザインフェアIN宮城コンペティション 銅賞
1996年   岐阜県土岐市に開窯、高岡クラフト展審査員特別賞
1998年   国際陶磁器展美濃 '98 銀賞
2000年   第2回現代茶陶展 金賞
2002年   国際陶磁器展美濃 '02 審査員特別賞 (深見陶治)
2004年   MINO CERAMICS NOW 2004 (岐阜県現代陶芸美術館)
2007年   第54回日本伝統工芸展入選
2010年   個展 しぶや黒田陶苑
2011年   第9回国際陶磁器展美濃 審査員特別賞 (鈴木 藏)
      白の時代 (益子陶芸美術館)
      東海現代陶芸 思考する新世代展 (愛知県陶磁資料館)
      二人展 しぶや黒田陶苑 + PLUS THE ART FAIR 2011
2012年   MINO CERAMICS NOW 2012 (岐阜県現代陶芸美術館)
      日本工芸会正会員
2013年  パラミタ陶芸大賞展 大賞受賞
      現代の名碗(菊池寛実記念 智美術館)出品
2014年  第61回日本伝統工芸展 宮内庁買上げ
      Japanese Ceramics for the Twenty-first Century (ウォルターズ美術館)
2015年  京畿世界陶磁ビエンナーレ「本色共感:東アジア伝統陶芸 (韓国広州市)」
2017年  日本陶磁協会賞受賞


(た)

作品やその他の在庫の等、お問い合わせ・ご予約はこちらまで

しぶや黒田陶苑

電話 :03-3499-3225  

E-mail :info@kurodatoen.co.jp

黒田草臣ブログ

Twitter 

Facebook 

 Instagram 

※無断転載、再配信等は一切お断りします